2018年11月04日

【保育園落ちた日本死ね】保育園「落選狙い」の申請相次ぐ その背景は…

1: 壁に向かってアウアウアー ★ 2018/10/24(水) 00:13:52.10 ID:CAP_USER9.net

 保育園を「落ちたい」と思っていながら、あえて申し込みをする「落選狙い」の申請が相次いでいます。背景には、育児休業の延長制度があります。

 来年4月の職場復帰に向け、子どもの預け先を探す「保活」が本格化する時期がやってきました。しかし、今、問題となっているのは「保育園を落ちたい」人たちです。その理由は育児休業期間の延長にあります。

現在の制度では保育園に入れなかった場合、最長で子どもが2歳になるまで育児休業を延長することができ、これに合わせて育児休業給付金も出ます。

育児休業の延長には、保育園の入所選考に落ちたことを証明する「保留通知」「待機通知」など、
いわゆる「落選通知」が必要となります。この紙を手に入れるために始めから育休の延長を望む人は、
申込者が多い保育園だけに入所希望を出すなど「落選狙い」の申し込みが相次いでいるというのです。

ある自治体の入所申込みの受け付けでは、保護者から「入所できない保育園を紹介してほしい」と
いう要望がありました。しかし、100%入所できないと言える施設はなく、結果的に入所となること
もあるため、対応に苦慮しているとのことです。

また、落選狙いで申し込んだものの入所が決定した場合、 保護者が入所を辞退して落選通知の
発行を強く要求されるケースもありました。こうした対応で、トラブルが生じているとのことです。

自治体の声を受けて厚生労働省は、22日に次のような改革案を出しました。
それが保育所の入所申込書に「落選狙い」を識別できるような記載欄を設けるというもので、
直ちに復職したい人は保育の必要度合いを測る利用調整がこれまで通り行われます。

一方、「落選した場合は育休延長等も可」にチェックをすると利用調整の時に減点され、
他の利用申込者より入所の優先順位が下げられます。つまり、希望通りより「落ちやすく」なる
ということです。育児休業の延長は保育園がなくて職場復帰ができず、
仕事を辞める人を減らす目的で改正された制度です。

しかし、現状では本当に保育が必要なのか、落選狙いなのか個人の内面まで区別するのは困難です。
自治体の利用調整作業にも時間が割かれ、本来、保育所が必要な人が入れない事態にもなって
いることから、厚労省はこのように書類上で判断できる形を提案しています。

https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000139079.html


4: 名無しさん@1周年 2018/10/24(水) 00:14:39.64 ID:K4CcE3IO0.net

友達の家にでも預けとけ


18: 名無しさん@1周年 2018/10/24(水) 00:21:53.91 ID:hmv+1cOZ0.net

実際これめっちゃ多いと思う


19: 名無しさん@1周年 2018/10/24(水) 00:22:24.10 ID:jpqhVTIp0.net

保育園受かった日本死ね


20: 名無しさん@1周年 2018/10/24(水) 00:22:26.58 ID:QrhB/ehe0.net

育児休業手当が何年もでる公務員の話か

そりゃ働かず6割給料
何年休もうがクビの心配なし
そりゃ保育園入れたくないわな

まさにナマポの働く気ないのに面接に
近いわな


posted by まだおっち at 20:00 | Comment(0) | 鬼女 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: